宅地建物取引士に2年目で合格した私の失敗談、合格までの勉強方法をお伝えします。

スクールに通って落ちた体験談

某スクールで十数万円かけて週1〜2回通い猛勉強の末、3点足りなくて落ちた私の体験談です。

私は2017年に初めて宅地建物取引士を受けようと某スクールに6月頃に申し込み、 7月から10月の試験日前まで短期集中コースという詰め込み勉強方法を選択して猛勉強していました。

某スクールは、始めはWeb講座といい一人でパソコンの画面の解説を見て勉強をし、その後に今やった科目の簡単なテスト20問をその場で解くというものでした。

その後家に帰ったら復習と、予習もしてくださいと書いてあったのですが、まだ7ヶ月の子供がいてそんなのできるかー!と完全にやらず。

まぁ、結論から言うとサッパリわかりませんでした。

某スクールでは民法という法律から入るのですが、その言い回しが独特でなんの事を言っているのか頭に何個ものハテナマークが。

「取り消しは問題とならない」

これが結構印象的でした。

ん?どーいうこと?

問題を解いているのに問題とならない?

問題にならない?

はい?えー?何言ってるの…?から入りました。

錯誤が無効か取り消しか、という事を聞いていて錯誤は取り消しにはならないからそんなのはじめから問題にならないよ!

と言うことを言っているのだと分かるまでにかなり時間がかかりました(笑)

このように、 なんだかまどろっこしい民法というのから始めたので、取っ掛かりは最悪でした。

その後も詰め込み詰め込みで8月位まで毎週通い、そのつど眠くなりながらWeb講座を受けては4択のテストを間違え…

9月くらいからはみんなで勉強をして問題について話し合うというのもありました。

そこには何年もそのスクールに通っていて慣れた人もいれば、新卒採用で会社から行け!と言われて来ている若い女性までいて、さすがに眠くはならず、運良く小学校の同級生もいたりしてあーでもないこーでもないと言いながら楽しくやっていました。

9月の終わり頃からは最終の勉強、模擬テストなんかもほぼ毎日始まり、項目別の要点勉強を確認しながら10月の試験の前々日位まで毎日のように頭に内容を詰め込んでいました。

過去問も同じのを何回もやったりして、某スクールで宅建を受ける人たちの中でのテストでは3位を取ったりしていて、おっ!コレは行けるんじゃ??なーんて思っていました。

が!結果はダメでした。

32点で落ちました。。。
私の場合、宅建業法を完全になめていた部分が大きかったです。
私の自己合格目標を実際に書いた写真をご覧ください。

まず、18点を目標にしている時点でダメでした。ここは本気で20点満点を狙わなければいけませんでした。

結果、
権利関係 8点
法令上の制限 6点
宅建業法 14点
税 2点
その他 2点
計 32点という、散々な結果でした。
この中でやはり大部分を占めているのが、宅建業法でした。
模擬テストの宅建業法の項目で全国3位を取ってしまい、完全になめてかかっていました。

今思うと、模擬テストでいい点を取ってしまうのも、本番まで気が緩んで良くなかったのかも知れません。

反省すべき点はいくつかあります。

完全にスクールに頼りきっていた

これは言うまでもなく、某スクールに行ってるんだから大丈夫!という、何の根拠もない自信です。自ら勉強することはなく、 スクールでやれと言われた事しかしなかった。そこに問題がありました。いくらそのスクールの合格率が良くても、やはり受かる人は自らも勉強をしている人!なのでした。

行くまでに疲れて帰ると勉強どころではない

これも実はかなりあります。私はこの時2人目を産んで7ヶ月の頃。保育園に預けてはギャン泣きして帰ってくる子供の育児とスクールから帰ってきてからの溜まっている家事とでとてもじゃないですが予習と復習なんかできていませんでした。行き来の往復に、行くたびに1時間取られていました。 今考えるとその時間、もったいないです

そのスクールの予想問題しかやらなかった

スクールでは独自に考えた、よく出る問題というのを繰り返し繰り返しやっていました。

なのでその問題が出ると必ず分かるのですが、ちょっとでも違う単語や文言が出てくると「あっ!ヤバイ」となり、まちがえてしまっていました。

1つでもいいから、他の所の問題集でも買ってやってみると良かったなと、今は思います。

全然違う問題が出た時に、焦らないで解く!ということができませんでした。

まとめ

いかがでしたか?スクールに通っても受かる人は受かりますし、私みたいに自ら勉強する気がないといくらスクールに通っても受からないんだなと落ちた日は反省会で思ったものです。

そしてその日のうちに、来年こそ…という気持ちが沸き起こったのでした。(独学で)

その後、すぐに大澤茂雄さんの

(全文PDF・単語帳アプリ付)合格しようぜ! 宅建士 2019 音声付きテーマ別ベストセレクト問題集 

このテキスト(音声データ付き)を購入して独学で勉強しました。とっても面白くて笑えるし、スーッと頭に入ってきます。アプリで音声データを保存して、移動時間も聞けるのでおススメです。

おまけ

私の通っていたスクールに、実は友達が通っていて、前の年も、その前の年もスクールに通っているんだと聞かされました。逆に言うと、このスクールに通っていて、2回も落ちているということ。「今年、3回目だよ。今年落ちたらもう受けるの辞める!」と言っていました。結果、一緒に落ちましたね。その後LINEでのやり取りで、「来年どうする…?」と聞いたところ、「まだ分からない」と言っていて、その後は連絡も取っていなかったのですが、なんと翌年の試験当日の試験会場の一列斜め後ろにその友達がいたんです!「わぁ!受けてたんだね!」とお互い独学で頑張ったことを称えていました!そしてその日の夜には結果をお互い教えあい、2人共合格したのでした。

スクールに通い、やれと言われたことをやるよりも、自分に何が足りないかを自分で分析してそこを重点的に勉強するやり方の方が、やる気も起きるし合格率が上がるということもあるんだと、とても実感しました。

皆さんに少しでも参考になりますように。

>宅地建物取引士合格への道

宅地建物取引士合格への道

トミ子35歳。 1度は某スクールにて宅建資格取得を目指すも、3点足りずに不合格。その次の年にリベンジで独学にて合格。 スクールよりも、やはり自分に合ったやり方が一番!なのです。私の独学でも受かった方法をお教えします。

CTR IMG